講師インタビュー

成増塾 塾長 高島 穣

成増塾の講師は他の塾の講師とは心構えが全く違って、真のプロとしての自覚を持っているわけです。

まずは自己紹介からお願いします。
1963年5月30日生まれ、生まれも育ちも東京、新宿です。地元の中学から都立戸山高校、早稲田大学に進みました。
成増塾では塾長をやっていて担当科目は英語です。
大学を卒業して最初にサラリーマンとして働きました。半年ほどですけどね。大阪のゼネコンで、今、談合で話題になっている大林組という会社です。
もともとはサラリーマンやられてたんですね。サラリーマン時代の生活について少しお話ください。
そうですね、当時はバブルの真っ最中で、世の中全体が浮かれた時代でした。大手ゼネコンは景気も良かったのでみんなイケイケって感じでした。東京でもディスコのお立ち台とか。あるじゃないですか、女の子がクジャクのウチワみたいなのひらひらさせてるやつ。僕は最初の赴任先が大阪だったのですが、大阪も同じような感じでした。仕事終わると会社の仲間みんなでディスコ行ったりとか。楽しかったですね。当時、初任給が20万だったのですが、給料はもらったら3日くらいで使ってたな。
え、給料を3日で使っていたんですか?
ええ、寮生活をしていてほとんどお金がかからなかったのでそんなことができたんです。
最初の3日で給料を使い切って、次の給料日までは寮で地味に暮らす、みたいな。
終電逃すとタクシーに乗らずに、1時間かけて寮まで歩いて帰るとか。
それはすごいですね。
まあ、時代の雰囲気がそんな感じでしたからね。
で、会社は半年でやめられたんですね。
ええ、決断するのに時間はかからなかったですね。入社式の時にやめようと思ったかな。
入社式でですか?それはまたどうしてでしょうか?
入社式の時、社長が「みなさんはわが社のために一生懸命はたらき、会社に貢献してください。」みたいなこと言ってるんですが、それを聞いてシラケちゃったんです。
それはどういうことですか?
「なんだ、結局会社のために働かされるのか!」って。一生懸命やっても、サラリーマンは結局会社のために働いてるわけで、そんなのつまらないなと。この会社で頑張っても、係長、課長、次長、部長と上がっていって、運が良ければ重役になれるというだけ。それで気が付いたら定年になってます。僕はそんな人生はまっぴらごめんだなと思ったんです。
やっぱりリスクはあっても頑張った分が全部自分に跳ね返ってくる仕事がいいな、と。

やっぱりリスクはあっても頑張った分が全部自分に跳ね返ってくる仕事がいいな、と

なるほど、塾長はサラリーマンに向いてなかったんですね。
ええ、そうでしょうね。だけど、当時はこんな考え方をする人間は少数派でした。会社を辞めると上司に告げたら「よく考えろ、こんないい会社他にないぞ。」と説得されました。父親も東京から大阪にあわてて説得しに来ましたね。とりあえず一部上場の大企業で、辞めてしまったら2度と戻れないわけですからね。
それでも決意は変わらなかったんですね。
ええ、これは僕の生き方の根本にかかわる部分ですから他人のアドバイスは無意味でしたね。たとえ親であっても。
うーん、生き方の根本にかかわる部分ですね。
リスクはあっても頑張った分が全部自分に跳ね返ってくる仕事をすべきだ、という考え方は、実は成増塾の講師の先生方との契約でも徹底しています。
それはどういうことですか?
実は成増塾で働いている先生方は成増塾の従業員ではないんです。従業員は会社に雇われる身分ですが、そうではなく、成増塾は講師と業務委託関係を結んでいるんです。わかりやすく言うと、講師はそれぞれが独立して会社を作っている事業主です。つまり、一人ひとりが社長なんです。一人ひとり自分が社長だから、自分の仕事に全責任を負っています。
責任が大きい反面、やりがいも見返りも半端なく大きくなります。
ホームページでも公表していますが、成増塾で生徒から支持され、実績を上げているトップ講師の人たちは年収2,000万から3,000万円をかせいでいます。
なるほど、それは確かに徹底していますね。
ええ、大手予備校でもこれだけ稼ぐ人たちはなかなかいないのではないかと思います。
僕が大手予備校で働いていた時も年収は700万くらいでしたから。
だけど、全部自分の責任でやるんですから、このくらいの見返りがないと本当はおかしいんですよね。
だから成増塾の講師は他の塾の講師とは心構えが全く違っているわけです。
真のプロとしての自覚を持っているわけです。
でも全員がそんなに高額の年収を得ているわけではありませんよね。
もちろんそうです。年収2,000万以上になると講師全体の1割程度ですね。だけど、大事なことは講師全員が平等にチャンスを持っているということです。
若い先生でも頑張り次第では数年でそのレベルになれます。
講師の定年はあるんですか?
ありません。生徒に支持されている限り、成増塾で講師を続けることができます。極端な話、80歳になっても生徒が受講すれば成増塾では講師を続けることができるんです。