成増塾 講師採用特設ページ

エース講師陣によるインタビュー

講師が主体になれる。 だからこそ、生徒に一番ベストな 授業を提供できる。

  • 成増塾の他と違う所ってどんな所ですか?
    インタビュー写真①

    『講師が主体になれる。』
    だからこそ、生徒に一番ベストな授業を提供できる。

    すごく僕が思うことがあって、例えば生徒の意見を聞き入れるっていう点では「個別指導が一番いいんじゃないか?」って意見もあります。
    ただ個別指導にしてしまった場合は、講師側が生徒に合わせすぎてしまうというマイナスポイントがあって、結局どういう事かと言ったら、合格したいなら生徒が頑張って、講師の求めているものに合わせなくてはいけないというのがあると思うんです。
    ただ、講師が先走り過ぎたら生徒が着いてこれなくなるから、このくらいの規模で講師が一番ベストだと思う方法でそれぞれやっていくということが一番正しいやり方だと思うんです。

  • 「こういう風に教える」というルールがないのは逆に大変じゃないですか?

    自分が一番正しいと思っている軸を、ぶれずにスタートできるんでそういう意味で大変だと思ったことはないですね。

    テキストを作ったり、カリキュラムを練り直したりっていうのは常にやっているんですけど、それは自分がいちばん正しいと思っている道に進みながらやれるんで、そういう点では苦労どころか、やる気は自分の中で常にあるんで、あまり大変だと思ったことはないですね。

  • どんなポイントで、テキストやカリキュラムを作ったりしているんですか?

    自分はもともと英語ができなかった人間なので、常に弱者の視点で作るようにしています。
    英語ができなかった時のイメージに帰って、そのときの知識・状況でいかにしたらわかってくれるかっていうのを逆算して考えていきます。
    当然、情報量が多くなり過ぎたら、今度はそれを削るんですよ。そこからは大事な所だけ残していきます。

  • 一番うれしい時ってどんな時ですか?
    インタビュー写真②

    短いスパンで言うと、生徒が難しいと思っていた問題を、「わかったー!!」と心から、思ってくれる瞬間です。知的な感動を受け取ってくれた瞬間が一番嬉しいですね。間違いないですね。

    長いスパンで見ると合格してみんなで、ご飯を食べに行く時ですね。
    大学に入ってからは、生徒と講師の関係から、人と人との関係として続いていくんですよ。

  • これから叶えたい夢はありますか?
    インタビュー写真③

    志望校全員合格!
    自分の授業を受けている生徒を全員、志望校へ合格することが一番の願いです。
    生徒の為であり、僕の一番の願いです。